ささモンメモ

普段つぶやききれないことをこちらで

入試年度の表現は統一してほしい

高校生向けの塾でバイトをしているので,センター試験の廃止と,いわゆる新テスト(大学入学共通テスト)の導入というのは結構身近な話題なのですが,文科省大学入試センターの発表やニュースなどを見ていてすごく気になる点があります。それは導入時期の書き方についてです。

新テストは2020年から?それとも2021年から?

新テストの導入に関して,ニュースなどでは「2020年度から」と報じられることが多いと思います。文部科学省大学入試センターの資料でも「平成32年度(=2020年度)から」と書かれています。

もちろん「年度」というのはその年の4月~翌年の3月までのことなので,「2021年1月から」が正解となります(新テストもセンター試験同様1月に実施されることになりました)。

ここまではごく自然な話のように見えますが,実はこれ,非常に誤解を招きやすい表現なんです。実際に2020年1月からだと勘違いされている親御さんもいらっしゃいました。なぜこのような勘違いが生じるのでしょうか?

入試年度は入学年度で表すことが多い

各大学での案内や,予備校での資料などは,基本的に「○○年度入試」というと(「○○年度中に実施する入試」ではなく)「○○年度入学者のための入試」を表すことが多いです。たとえば,いまの受験生がこの冬に臨む入試は,2018年度入試です。

ということは,新テストは「2021年度入試から」導入ということになります。大学入試センターも試験案内にはこのような表現を使っています。それなのに,「2020年度の入試から変わる!」と言われると誤解してしまう人もいるでしょう。

2018年1月のセンター試験を「平成30年度試験」と案内している大学入試センターが,2021年1月の新テストを「平成32年度」と書くのはなんだか変な感じです。

誤解をなくすためにも,(せめて同一機関の中では)入試年度の表現は統一するべきではないでしょうか。

103万円はウソ!? 再確認したい扶養控除の「壁」

せっかく頑張ってバイトしたのに…

アルバイトで稼いだお金で親を泣かせたくはありませんよね。

今年は春休みにバイト先で社畜(?)生活を送っていたこともあり,アルバイトをする際の扶養控除の仕組みに関して改めて調べ直したので,ここでまとめてみようと思います。

「"103万円"ってのは聞いたことあるけど…」という人,きちんと仕組みを把握しておかないと取り返しのつかないことになるかもしれません!


「給与所得」と「雑所得・事業所得」を区別しよう!

所得には全部で9種類+その他(雑所得)があり,一言で「所得」「収入」といっても細かく分類されています。

給与所得とは,おもに勤務先から雇用される形で受ける給料やボーナスのことで,たとえば塾講をやったり,飲食店やコンビニで働いたりといった一般的なバイトで得られる収入のことです。
これに対し,個人契約での家庭教師は事業所得,模試の採点バイト,はたまたアフィリエイトなどといったものでの収入は雑所得としての扱いを受ける場合があります。

これらは税金や扶養控除の計算で扱いが変わってくるケースがあるため,「どの収入がいくらなのか」まで考えておく必要があります。


扶養控除のラインは「38万円」

まず大きなラインとなるのが,扶養控除のライン。すなわち「親の扶養に入れるかどうか」でしょう。これは,「年間の合計所得が38万円以下」というのが基準になります(基礎控除)。要するに年間所得のうち38万円分はノーカウントにしてあげますよ,というもの。携帯会社の無料通信分的なものですね。まずはこれが大前提です。
このラインを超えてしまうと,親の税金負担が重くなってしまい迷惑をかけることになります。親の所得にもよりますが,年10万円~20万円ほどの負担増になります。

特に,その年の年末時点で19歳~22歳の人は,控除額が特別に優遇されているぶん扶養を外れた時の負担増も大きくなってしまいます。


それって「103万円」では…??

扶養控除のラインといえば,「103万円」というのを耳にしている人も多いでしょう。これは半分正解で半分間違いです。

ではなぜ103万円という数字が出てくるかというと,「給与所得」には特別なオマケがついてくるからです。給与所得では,さらに65万円分がノーカウントになります(給与所得控除)。

これでようやく「103万円」と言われる理由がわかりましたね。38万円+65万円=103万円というわけです。
しかし,お気づきの方もいると思いますが,これはあくまでも「給与所得」の場合の話。それ以外の所得に関してはこの特別サービスの65万円分はついてこないため,容赦なく38万円でバッサリ…ということになります。なので所得の内訳をきちんと把握しておくことが大切になります。


採点バイト・個人契約の家庭教師などは要注意!!

最初の例でも挙げましたが,学生がよくやっているバイトでは,特にこのようなものが要注意と言えるでしょう。採点バイトの収入は「雑所得」扱いとする塾・予備校が多いようですし,個人契約での家庭教師は「業務委託」形態で「事業所得」あるいは「雑所得」扱いとなるケースが多いようです。(個人ではなく登録制のところでは派遣センターとの雇用契約の形になるため「給与所得」扱いになることが多いそう。ややこしい…)

特に掛け持ちしている場合も注意が必要です。たとえば飲食店バイトで60万円,個人の家庭教師バイトで40万円稼いだ場合,合計では103万円を超えないため大丈夫…かと思いきや,実際には次のように計算されます。

 給与所得:60万円-65万円=0円(もちろんマイナスにはなりません)
 事業所得:40万円-0万円=40万円

したがって,役所の計算上の所得は「40万円」ということになり,これは38万円をオーバーしているためアウト!なわけです。なかなか複雑ですね。

親を泣かせないためにも,バイト充している皆さん,今一度よく調べてみましょう!

 

P.S. 103万円を超えそうであれば120万円程度稼げば親の税金負担分の元もとれるかと思いますが,130万円を超えると今度は健康保険の扶養からも外れるため,自分で保険料を支払って国民保険に入らねばなりません。
さらに自分自身の所得にも課税されるようになるので,かなり負担が増えます。170万円程度稼がないと元が取れないようなので,このラインは踏み越えないようにしましょう…

高速道路「一部120キロ化」への雑感と数学的(?)考察

一部区間で最高速度120キロへ

設計速度140キロという超高規格な新東名高速道路が開通するころから,現状の「法定速度100キロ」から最高速度を引き上げるのではという話が出ていましたが,いよいよ実現へ向けたニュースが入ってきて,ネット上でも話題になっています。

headlines.yahoo.co.jp

まずは

区間で現状の100キロから110キロへと試験的に引き上げたあと,本格的な120キロへの引き上げを進めるようです。これに関しての個人的意見をいくつか。

 

基本的には賛成

高規格の高速道路では多くの場合で実勢速度(実際の速度)が100キロを超えているのが現状で,法定速度と乖離があったのは事実でしょう。100キロで走行車線を走っていても,追い越し車線からビュンビュン抜かされます。
そもそも「一般道路60キロ,高速道路100キロ」という法定速度は50年以上前から変わっていません。クルマの性能は当時よりも格段に上がっているので,もはや時代に合っていない部分もあるでしょう。こうして「制限速度+α」が暗黙の了解(ヘタすれば警察側も)になってしまうと,制限速度の意味がよくわからなくなるし,取り締まりも曖昧になってしまいます。こうした実情を考えれば,最高速度の引き上げは妥当ではないでしょうか。

 

十分な検証と取り締まりが必要

上で「基本的には」と書いたように,当然120キロ化にはリスクも伴うでしょう。ひとたび事故になると大変です。

制限速度の「速さ」よりも「重さ」

(良いか悪いかは別として)現在の制限速度にはあまり「重み」がなく,守られていないことがしばしばです。今まで120キロで走っていた人が,今後も120キロで走り続けてくれればいいのですが,「じゃあ140までいいんじゃね?ブォンブォン!」とかなると収拾がつかなくなります。ここはきちっと取り締まりを強化するなどして,制限速度に重みをもたせることが必要ではないでしょうか。ゲームを買い与える代わりにルール決めやしつけもきちっとしないと家庭崩壊になってしまいますよね(?) 

でも理論上は実質140キロ制限??

「じゃあいっそのこと1キロオーバーから覆面パトで取り締まっちゃえ!」となるわけですが,それは現実ではないでしょう。というよりも,やりたくでも物理的にできない事情があります。その大きな理由が「メーター誤差」。

(ここから先の内容は,決して速度違反を推奨・容認するものではありません!あくまで「数学的事実」として捉えてください…)

 クルマに取り付けられているスピードメーターには,実は誤差があります。タイヤの種類や摩耗,空気圧によってもだいぶ変わってくるんですね。これらの要因もあって,メーターの許容誤差はきちっと法律で決められています。それが次の式(平成19年以降の製造車)。

メーターの速度をv1,実際の速度をv0として,

f:id:sasamon677:20160325225009p:plain

 めちゃくちゃ数学チックですね…(苦笑)

これを計算してみると,実際の速度よりもメーターの数字の方が速く出やすいということがわかります。ただし,これはクルマによってバラバラなので,警察側も確実に速度違反をしていると断定できる場合にしか取り締まれません。速度違反を見逃されたり,超過速度をオマケしてくれたりする(ように感じる)という話が出てくるのはこういったカラクリのせいかもしれません(自分はやったことないのでわかりませんが)。

試しに現状の100キロ制限の場合を考えてみましょう。実際の速度が100キロのとき,メーターの示しうる範囲は94~116キロとなり,メーター読みで116キロ出ていたとしても「100%アウト!」とは言い切れません。「高速では+20キロまでなら大丈夫」とかいう都市伝説(?)はここから来てる部分もあると思います。

これが120キロに引き上げられるとどうなるでしょうか。実際の速度が120キロのとき,メーターの示しうる範囲は113~138キロとなり,メーター読みで138キロまではグレーになります。これでは結局140キロまで見逃すことになりかねませんね…

しかも,現在の道交法では高速道路では40キロオーバーから一発免停となっており,このまま適用すると160キロまで飛ばさないと一発免停になりません。このへんも含めて取り締まりや罰則のあり方を見直す必要があるのではないでしょうか。

 

おわりに

120キロ以上で無理に飛ばしてもたいして時間は変わらないし,燃費は悪くなります(たしか半分くらい空気抵抗で失われる)。安全運転でいきましょう。
そして明日はいよいよ北海道新幹線開業ですね。100キロ?120キロ?いえ,320キロの世界です。急ぎたければ新幹線使いましょう。

宅通は“多苦痛”なのか?

今年は定期的に更新…とか言っておきながら2か月ぶりの更新になってしまいました。
今回は筑波大ネタです。4月から新入生という方や,今日の後期発表で合格されたという方,合格おめでとうございます。

さて,タイトルにある「宅通」というのは「自宅通学」を意味するいわば筑波大用語ですが,筑波大生の中ではマイノリティ扱いされるこの宅通について,2年間宅通を続けている自分なりの見解(?)を書いていきたいと思います。
基本的に「宅通バンザイ!」の立場で書いてるので,電波を止められるほど偏向があるかもしれませんがご容赦を。あとTXで通う人向けの内容が多いかもしれません。

宅通は“多苦痛”ではない

よく「宅通」とかでググる

宅通=多苦痛w

とか出てきますが,(ネタとしてはあっても)そんなことはないと思います。あくまでも個人的意見ですけどね。

通学自体はそれほど大変ではない

これは電車通学に慣れていたかどうかで最初の大変さは少し変わってくるかも。今まで電車通学の経験のない人はちょっと大変かもしれないけど,都心方面と違って通勤・通学ラッシュは大したことないので1ヶ月もすれば慣れると思います。
逆に満員電車に揺られて通学していたという人にとっては天国。自分もそうでした。慣れてくれば空いている電車や車両などもわかってくるので,朝でも8割方座れるようになります。もちろん帰りは始発なのでほぼ100%座って帰れます。こんな生活に慣れてしまったので最近満員電車への耐性がなくなってきた気が…

やっぱり経済的

大学生活はお金のことも気になりますが,基本的に一人暮らしをするよりは安上がりでしょう。自分の場合,毎月かかる金額は

  • 定期代2万円(TXはこれが高いのがネック…)
  • 食事代1万5千円

がベースです(もちろんこれプラスαで諸々かかるけど)。でも一人暮らしとなると,定期代はかからないものの,家賃や朝・夕食,生活用品などの出費があるのでこれより確実にかかりそう。

あと県外からの通学者は,(ゲスい話ですが)バイトを地元でやると最低賃金の恩恵を感じることも。昨年秋に改定された最低賃金

  • 東京都…907円
  • 埼玉県…820円
  • 千葉県…817円
  • 茨城県…747円

と実に70円~160円もの差が!そのぶん東京の方が物価が高かったりはしますが(つくばのスーパーは驚くほど安いです)。

ON/OFFを使い分けられる

これは完全に僕の性格ですが,家と大学がある程度離れてる方が切り替えができて落ち着くんですよね。行き帰りの電車の中でいろいろと物思いにふけることもできます。
終電を気にしなければならないのも厄介といえば厄介ですが,一方で,いろいろあった日でもきちんと「終止符」を打ってくれるという役割もある気がします。

dennou-kurage.hatenablog.com

ichimeikyojin.hatenablog.com

 といってもたしかにTXの終電は早いのでもうちょっと遅くしてくれると嬉しいんですが…それでも23時前までは大学にいることができるのでそこまで不自由はないかな。

東京に出やすい

これも個人的には結構大きいかと。特に大型書店がいっぱいあるのはいいですね。つくばには(大学内にも図書館や書籍部はありますが)あまり大きな本屋がなく,先日「友朋堂」も閉店してしまいましたし…

news.livedoor.com

東京だけじゃなくTX沿線には書店はもちろん大型ショッピングセンターも揃っているので学校帰りにふらっと寄れて便利です。

あと僕は気象関連とかで他大の学生とも集まったりする機会が多く,そういったフットワークも支えてくれている気がします。

といっても小苦痛くらいはある

ここまで宅通のメリットを中心に書きましたが,一応デメリットについても。

朝がつらい

朝は早起き必須ですね。1限からの日は6時起きとかです。やっとつくば駅に着いた頃に友人が「むくり」とかつぶやいてるとうらやましさMAXになります(笑)
学年が上がって1限が減ってくるとだいぶラクになってきますが。

終電が気になる

サークル後や友人との食事会や飲み会で「終電なのでお先に…」ということはあります。やっぱりちょっと抜けづらい感やさみしさはありますね。それでももっと遊びたい!という場合は友人宅にちゃっかり泊めてもらったり(笑)

家事ができない

生活力は結構一人暮らしの人と差がつくところ。実家暮らしでも積極的に家事の手伝いはしたいですね(自分への戒め)。

 

とまぁいろいろ書き並べましたが,無理やりまとめれば,置かれた環境によらずエンジョイできる部分は工夫次第でいろいろあるのかなと。僕もまだ当面は宅通を続ける予定なのでTX等で見かけたらよろしくです。

あけましておめでとうございます

もう松の内も今日までとなってしまいましたが,あけましておめでとうございます!

今年はこのブログも定期的に更新できたらと思っているのでよろしくお願いします。

「新年あけまして…」は間違い??

ちなみに新年になると,よく「新年あけましておめでとう」というフレーズを耳にするんですが,実はこれ日本語的にNGですね。

「あけまして」の「明ける」というのは,

「夜が明ける」
「梅雨が明ける」

のように,ある物事が「終わる」という意味です。なので,

「新年明けまして…」

と言ってしまうと,始まったばかりのはずの2016年がもう終わっちゃう!?…ということになってしまいますね(笑)

 

新年早々どうでもいいことでグダグダ書いてしまい申し訳ありませんでした…
それではまた。

スマホを修理に出してきました

実質最初の投稿ですがどうでもいい近況報告から。せっかく作ったので年内に1回くらいは更新しておきたかったので。

最近普段使っているスマートフォンの調子が悪くなってきて,だましだまし使い続けてきてたんですが,いよいよ使用に耐えなくなってきたのでついにドコモショップへ駆け込んできました。

突然電源が落ちる

 最初に症状が現れ始めたのは10月の下旬ごろ。普段と変わりなく使ってたら突然画面が真っ暗になりバイブレータが止まらなくなる事態に。授業中もカバンの奥にしまっておいたんですがこれが意外とうるさくて…ロッカーにぶち込んで何とかしのぎました。

一向に収まる気配がなくてもうショップ行きかな…と諦めかけたころ,なんと7時間経って突然バイブが鳴り止み復活。そのときはバックアップも取ってなかったので,とりあえずすぐにバックアップを取り様子を見ることに。

 その後もたまに電源落ち現象に見舞われましたが,毎回数秒で復帰していたので不便に感じつつも使い続けていました。

原因は「電源ボタン」

それでも次第に落ちる頻度が増えていき,大学もひと段落ついて代替機になってもいいかなーと思ったので先日修理に出してきました。

使ってるのはシャープ製のAQUOS PHONE SH-01Fという機種で,調べてみると同様の症状が起こってる人が結構ほかにもいるとのこと。ショップの店員さんも同じ症状になったって言ってましたね…
原因はおそらく唯一の物理キーとなっている電源ボタンの動作不良(接触不良)だろうという結論に。接触不良によりキーが押しっぱなしの状態になっていると判断され,強制終了がかかってしまっていたようです(もともと8秒以上押し続けると強制終了できるので)。メーカーでもこの問題は把握してると思うんですが…

で,意外と早く1週間弱で修理が終わり戻ってきました。よく見たら外装まで交換してあってほぼ新品同様の状態にリフレッシュ!バッテリーだけはもとのままでしたが…

バックアップは定期的に

 いったん修理に出すときは内部のデータをすべて消去しなければなりません。ガラケーの時代はまだ電話帳やメールのデータを移すくらいでよかったんですが,スマホになるとアプリやら何やらいろいろなアカウントが入っていて引継ぎが非常にややこしい。

中でもSNSは日常生活でも不可欠なツールとなってきているので,確実に引き継ぎたいものです。登録アドレスやパスワードも普段は入力を省略してしまっているので,いざというときにどれがどれだったっけ…という事態にもなりやすいですよね。

 あと結構面倒なのがLINE。これは一応電話番号だけでもアカウントを作ることが可能なんですが,メールアドレスも登録しておかないと他の端末に引き継げません。やはり友達データがすべて消えてしまうと悲しいし…
それでも厄介なことにトーク履歴って残らないんですよね…。これも残したい!っていう場合には,あらかじめトークのバックアップを取っておき,スマホの内部ストレージからほかのPCなどにコピーして移し替えるという作業が必要になります。これが今回結構面倒でした。

電話帳・メール・写真などはクラウドを利用して同期させておけばデータ消失の心配はあまりないかな。

 

今回は故障といっても使える状態だったのでバックアップを取って万全の態勢(?)で修理に出せましたが,やはり突然使えなくなったりすることもあるので,こまめに取っておく必要性を痛感しましたよっと。

そういえばあと3ヶ月で2年になるんですが機種変しようかどうか迷うなぁ…
思い切ってiPhoneにしてみるとか…??たぶんAndroidのままですけど。機種のバリエーションも豊富だし。

 

はじめまして

ごあいさつ

なんとなく始めてみました。ついったーとかもやってますが,書ききれないことをこちらでつらつらと書いていければと思ってます。

いままで3日坊主で何本もブログをつぶしてきてるので,今回も何日続くことやら…と思ってますがよろしくお願いします。

(簡単な)自己紹介

関東で理工系大学生やってます。首都圏在住。趣味は気象とかバイオリンとか。最近気象予報士取れればと思って勉強してたり。あと鉄道や道路とかの話題も結構好きですよ。 

ちなみについったーはこちらでやってます → @677R1